小顔になる方法はこれだった!クリニックで治療を受ければ小顔美人に

サイトメニュー

プチ整形で小顔に

女性

プチ整形なら体にかかる負担が最小限!

メスを使用した場合、施術を行った後に腫れや痛みを伴う場合があります。そのため、クリニックによっては症状が落ち着くまで数日入院する場合があります。学校や仕事が忙しくまとまった休みを取りづらい方にとって、通院や入院期間があるのは大変です。人によっては症状が長引く場合もあるので、周りに施術を気付かれる事が100%ないとは言い切れません。メスを使用する施術は施術時間が長時間になるため費用もそれなりにかかります。また、体にかかる負担も大きくなるでしょう。費用は安く済ませたい、体にかかる負担を少なくしたい方はメスを使用しない施術を選びましょう。昔なら小顔になるにはメスを使用するしかないと考えられていましたが、現在メス不使用でも小顔になる方法はあります。いわゆるプチ整形の仲間に入り、切開を行わないので縫合する作業は無く、抜糸のために通院する必要もありません。初心者でも気軽に受けやすいので、整形に不安を感じている方にもおすすめしやすいです。

プチ整形で小顔になろう

小顔になる方法として近頃人気のプチ整形が、ボトックス注射です。こちらは筋肉が原因で顔が大きくなってしまった人におすすめです。ボトックスとはボツリヌス菌から抽出されたタンパク質であり、治療として用いる際は体に影響のない状態に加工されているので安心です。ボトックス注射の流れはとってもシンプルで、エラ張りやたるみなど、顔を大きくさせている部分にボトックスを注入するのみです。注射する際は内出血が伴いますが、1日で跡は消えるので心配ありません。咬筋の発達によりエラが張っている人はボトックス注射で小顔を目指しましょう。筋肉ではなく脂肪が原因で顔のサイズが大きい方は、脂肪解消注射の施術を受けましょう。この施術もボトックス注射同様、メスは不使用です。注射器を使用する事で気になるポイントのみ集中して脂肪を落とす事が可能です。いきなり顔のサイズがダウンしてしまうと周りに整形を受けたと気付かれやすくなりますが、脂肪は少しずつ落ちていくので問題ありません。

顔のバランスを整えたい方はヒアルロン酸を!

顔の大きさはそれほど気にならないが顔のバランスが気になる、という場合はヒアルロン酸注射で顔のバランスを整えましょう。ヒアルロン酸を注入する事でポイントで患部をふっくらさせる事が出来るので、顔のこけに悩む場合に有効です。ヒアルロン酸はお肌に潤いを与えてくれるので、肌そのものをキレイにしたい方にもおすすめ出来ます。顔のバランスを整えると同時に、ハリツヤのある若々しい肌を手に入れられます。

プチ整形のデメリット

ボトックス注射などのプチ整形は施術時間が短く、副作用やダウンタイムもほとんどない美容整形です。気軽に受けやすい事から、美容整形に初挑戦する人でも不安要素が少ない事が魅力です。しかし、プチ整形にもデメリットはあります。それは、効果が永遠ではない点です。ボトックス注射や脂肪解消注射、ヒアルロン酸注射などは小顔になる方法ではありますが、効果が続くのは半年から1年ほどです。注入した成分が薄まれば、効果も次第に弱まっていきます。効果を持続させるには再度施術を受ける必要があるので、美容整形にかかる費用や施術は1度で済ませたい、という方には不向きとなります。プチ整形を受ける際はデメリットも踏まえたうえで施術に臨みましょう。

Copyright© 2019 小顔になる方法はこれだった!クリニックで治療を受ければ小顔美人に All Rights Reserved.