小顔になる方法はこれだった!クリニックで治療を受ければ小顔美人に

サイトメニュー

骨格を改善し小顔に

注射器

小顔整形で人生を明るく

顔を大きく見せる原因に、骨格があります。骨格は皮膚に覆われているため、骨格を治すには切開が必要となります。切開を行ったうえで骨を削るため、体に多少の負担がかかります。しかし、骨格を変える事で印象を変化させ、人生をより明るくするきっかけになるといっても過言ではありません。骨格を変える施術の最大のメリットは、イメージ通りのフェイスラインに仕上げる事が出来る点です。自分の骨格にコンプレックスを抱える人は、骨格を削る事が1番小顔になる方法です。

エラ削りで小顔に

小顔になる方法として、エラ削りがあります。エラ張りは正面から見た時に目立つため、隠すには髪を下ろすなどヘアスタイルに工夫が必要です。ショートカットやアップしたヘアスタイルを楽しめないので、挑戦したい髪型を諦めた人も多いはず。四角くホームベース型のように見えるため、男性的な印象を与えてしまう事も。女性らしさを求めるなら、やはりエラの目立たない引き締まった輪郭が理想的です。エラ張りを解消するなら、エラの骨を削り、シュッとしたフェイスラインを手に入れましょう。エラの骨を削る事で、小顔効果を半永久的に持続させられます。ヒアルロン酸やボトックス注射などのプチ整形で小顔を手に入れる方法もありますが、こちらは残念ながら効果が1年ほどで消えてしまいます。しかし、エラ削りの施術は効果が切れる事がないのが魅力です。メスを使用するため、跡が目立たないか不安に感じる場合もあるかもしれませんね。ですが、メスは耳の後ろ側など目立たない所から入れるので、施術の跡が気付かれる事は少ないです。エラを改善する事で、正面はもちろん横顔のラインも美しく見えるでしょう。

頬骨削りで小顔に

頬骨によって顔が大きく見える場合もあります。頬骨が目立つと、笑った時に顔が大きく膨らみ、パンパンに見えてしまいます。太っている印象を与えてしまうため、瘦せ体型なのに太っていると勘違いされるケースもあるでしょう。また、頬骨が出ると、下部分の頬がこけるため老け顔に見える事もあります。大顔に見られるだけでなく年齢を老けさせる頬骨も、頬骨削りの施術を受ければ悩みを解決出来ます。メスの入れ方は、頬骨の状態によって異なります。横に広がる頬骨か、前に盛り上がつた頬骨かでメスの入れ方が変化します。どの状態でも施術跡が目立たないように行い、希望通りに削る量を調整します。理想通りに頬骨を削るには、ドクターに意志をしっかり伝える事が大切なのでカウンセリングを丁寧に行ってくれるクリニックを選びましょう。

Copyright© 2019 小顔になる方法はこれだった!クリニックで治療を受ければ小顔美人に All Rights Reserved.